アルジェリアから小包が届いた。書留で。

昨日、アメリカから小包が届いたときは、判子をポンっと押すだけで、

「ありがとうございました~」と帰っていった局員さんでしたが、

今日は「これ、読めますか?」と何やら渡された。

…オール アラビア語、

いや、もしかしたらペルシア語かもしれないけれども、

アルジェリアからだから”アラビア語”というレベルでの判断です。

(ペルシア語はイラクやイランなどで使われているため)

そのピンクの用紙は画用紙に手書きをコピーした作りのもので、

「実はこれ、書留なので、サインしてアルジェリアに返送する必要が

あるのですが、う~ん・・・どこにサインしてもらいましょうか?」と

郵便局員さんに聞かれた。

「全く読めませんか?」とアルジェリアから小包受け取っているなら

ちょっとは読める?と期待されましたが、

「英語でやりとりしてまして…」とアラビア語は初心者でもない

全くの未知の世界であることを言うと、

「そうですかぁ…」と配達してきた局員さんも考え込んでいた。

「じゃあ、このへんで!」と意を決して、適当に決めた場所に

手書きサインだけしました。

英語もフランス語(アルジェリアはフランスの植民地だった)もない、

全くのアラビア語の書留、すごいわ~!と後でwhatsappでアルジェリアのパルに

着いたよ~とともに話すと、

「フランス語もなし?」と聞かれた。

なかったよ!!全く!アラビア語だけ!

写真撮っておけばよかった…。(その紙はアルジェリアに返送されるため

配達員さんが持ち帰った。)

「フランス語でもあれば、違ったのに。」とチャットで言ったら、

「フランス語、全く知らないでしょ?」と返されました。

ええ、おっしゃる通りでございます。

私がフランス語を読めなくても、配達員さんならフランス語の”書留””受け取り”レベルの

フランス語はマスターしているだろうから、サインもちゃんとした場所に

書けたかもしれないけれど、

アラビア語はね…完璧にお手上げでした。

アルジェリアを感じる品々、

…大ぶりなアクセサリーが好きだとは聞いてはいたけれど、

この銀色のはブレスレットですよ。すごい重量感…。

小さいアイスの容器みたいなのに入っているのはhalwaという

伝統的なお菓子のようで、スプーンですくって食べるらしい。

家族みんなで、アルジェリアを味見します!

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村